行政書士試験に合格するためには

行政書士は弁護士や司法書士などと同様、法律の専門家であり、官公庁の許認可に関する書類を作成して提出する仕事の他、相続や離婚に関する書類を作成したり、といった仕事があります。また、人によっては、社会保険労務士など他の資格も取得して、ダブルライセンスで活躍する方もいます。行政書士の試験は毎年11月に各都道府県で開催されており、合格率は年によってバラツキがあるものの、概ね5パーセント前後で推移しているため、そこそこ難しい試験であるといえます。試験科目は法令科目と教養科目とに分かれており、回答方式もマークシート方式と記述式の両方があります。ひとまとめに法令科目といってもなかなかイメージがつきませんが、最大のポイントは憲法と民法をいかに攻略するか、ということになります。人によっては、いきなりまとめノートのようなものを作成することに時間を費やしておりますが、まずは何度もテキストを読み込んで、理解に努めることが必要です。

ニナファーム 大島とは

仙台で宣材写真を撮るなら

七五三 撮影で人気のフォトスタジオ

株式会社ヤマダ電機とは

フロアコーティング 名古屋
1500件施工達成!!現地お見積り致しますのでお気軽に。

最新投稿

  • 改正動物愛護法のまとめ

    法律は、世の中の変化に応じて改正されることが多々あります。およそ10年ほど前に改正された動物愛護法も …

    続きを読む...

  • 建設リサイクル法の概要について

    建設系事業での重要な位置づけとなる法律でもある、建設リサイクル法の主な概要をまとめます。先ず目的とし …

    続きを読む...

  • 2014年改正大防法について

    解体工事をする事業にとって重要な位置づけの法律となった、大気汚染防止法について、2014年6月1日付 …

    続きを読む...

  • PCB特別措置法の概要について

    ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法(PCB特別措置法)として定められたPC …

    続きを読む...